藁をも掴むアラサーOL~誰も教えてくれない2018年副業せどりの実情~

会社辞めたすぎる病にかかっている独身アラサーOL藁束(わらつか)ちゃん。只今、せどりに挑戦中!コメントはお気軽に...♪*゚

高山俊さんが提供する無在庫転売に関する情報商材「週休6日で1000万稼ぐ」は詐欺ですよ!!!

こんばんは、藁束(わらつか)ちゃんです。

 
私は、せどり関連の情報発信者の無料メルマガやLINEをいくつか登録しているのですが、
先日、「ぷちリッチ倶楽部」という情報発信者(3人組でせどりコンサルをやられています)から
送られてきた情報にこんなものがありました↓
 
内容としては・・・
 
ぷちリッチ倶楽部の講師である高橋優太さんのビジネス仲間である高山俊さんという方が、
楽天Amazon、ヤフーショッピングから、
価格差のある商品を勝手にリサーチし、
無在庫で出品まで行って配送も自動でやってくれる素晴らしいシステム」を開発しました!
 
無料メルマガに登録すると、今なら限定300名に特典がついてきます!
僕(高橋さん)も登録しました!
高山俊さんは、非常に面倒見が良くて、ハートフルなサポートが評判で、
沢山の方を指導しており、この「指導方針」的な部分で意気投合してから、
今でもお付き合いが続いています!(←だから信用して大丈夫!みたいな言い方です)
 
もうこの時点で、ネットリテラシーの高い方なら、
「ファツ?!詐欺乙wwww」って笑い飛ばすくらい、
詐欺系情報商材の常套句がモリモリに盛り込まれているのですが、
リンク先のこの高山俊さんの販売ページ(?)に飛ぶと、
もっとすごいです。
 
blog3.png 

↑このページ上部にある、「300名限定!あと●●名!!」のところ、
カウントダウン形式で人数が減っていくのですが、
リアルタイムでカウントされているかのように見せかけて、
実は何度アクセスしても同じ数値からある一定の数値までしか動きませんww
 
なので、現在は、「あと80名」からスタートして「あと1名」で止まるようになっていますが、
同じページ内で更新ボタンを押すなり、再度アクセスしてみるなりすると、
再び「あと80名」からカウントダウンがスタートしますww
 
実際にやってみたい物好きな方はこちらからアクセスできます↓
http://gleam-ex.com/L40137/bc2675/33111

ちなみに、3日前は、270人からスタートして、253人くらいで止まるようになっていました。
 
本当にちゃんとした商材だったら、こんな小細工は要らないので、
もう自分で自分の首を絞めているのでは?というくらい頭の悪い方なんだなと思いましたww
私の友人にもURLを送りつけてみたところ、
「もうページの作りからして、よくある詐欺ページwwてか古臭いwww」と言われました。
 
念のため、ぷちリッチ倶楽部から送られてきたという証拠のスクショ↓
 
 
blog2.png 
 
 
ぷちリッチ 
 
 
この高山俊さんという方がひどい詐欺師というのはもちろんなのですが、
私個人としては、この「ぷちリッチ倶楽部」に結構ガッカリしました。
 
冒頭に記載したように、私は何件かせどりメルマガに登録しています。
他のせどらー情報発信者たちの多くが、「うちのコンサルに申し込めるのは明日まで!」といった、
ありもしない期限を付けてコンサル申し込みを煽り、
肝心のせどり情報はほとんど発信しない中、
このぷちリッチ倶楽部は結構まともな情報を発信されていたんです。
 
なので、私は、今でこそまだ利益が少ないものの、
もし、もう少し稼げるようになったら、ぷちリッチ倶楽部さんのコンサルに申し込もうかな?
なんて気持ちが少しありました。
 
でも、結局は詐欺師を紹介して、おそらくこの紹介ビジネスにより30万円程の謝礼
高山俊さん(偽名でしょうね)から受け取っているような方たちなんですよね・・・
 
なぜ「30万円程の謝礼」とわかるのか?というと、
実は、このぷちリッチ倶楽部で有料開催された外部向けWebセミナーで、
せどりの次の道」として「情報発信者になる」という項目に関する解説がありました。
 
その際に、講師の1人である大石貴之さんが、
メルマガやLINEの読者数(登録数)が多くなると、
他のネットビジネスをやっている方たちから宣伝や紹介を頼まれるようになる、
そして、それは読者数にもよるが、たった1回メールを配信するだけで10~30万円程貰える
ただ我々はそんなことはしませんが・・・
とおっしゃっていたんです。
 
大石さんは、加えて、こんなこともおっしゃっていました。
「メルマガに登録するだけであれば、別にお金を払うわけではないので、
登録した人が損をするわけではない」とも。
 
よくあるアフィリエイトのように、単にリンクを貼っておくだけであれば、
別に自分たちは何もリンク先の商品や人物について保証をしているわけではないので、
そういう考えで良いですし、それが普通だと思います。
判断するのは結局読者ですから。
 
ただ、ぷちリッチ倶楽部の高橋さんが、最初にこの高山俊さんなる詐欺師を紹介した際、
「僕の仲間なので大丈夫」という、読者に安心を植え付ける書き方をされていました。
そして、その翌日、今度は同じく講師の和田直人さんが、この方を紹介。
 
この時点で結構呆れました。
自分たちが積み重ねてきた「信頼」をこんな詐欺師からもらえる一時金のために、
無駄にできちゃう人たちなんだなーと。
 
和田直人さんが紹介した日の夕方には、今度は大石貴之さんが、
「特典がもらえるのは今夜まで!」と煽っていました。
しかも、「書いてある事だけを見ると、知らない人でしたら疑いそうな内容ですが、
彼は、そんな悪い人間じゃありませんので、ご安心ください」という太鼓判まで押して・・・
 
詐欺ビジネスに加担していること自体もどうかと思うのですが、
そもそも、この詐欺師が言っている「無在庫販売」って、
Amazonのアカウントが閉鎖されるリスクが恐ろしく高い手法です。
 
同じ「無在庫」でもメーカーや問屋さんとの正式な契約があり、
商品が出品者の手元になくとも、
注文を受けたなら確実に迅速に購入者に発送できるというものであれば、
それは正規のルートなので、問題ありません。
 
しかし、他の通販サイトから仕入れて販売するという手法は、
購入者から注文が入った際に在庫切れになってしまっていた場合、
当然キャンセル扱いになります。
また、他サイトから送ってもらい、そこから購入者に発送する場合、
Amazonの発送ルール「受注後2日以内に発送する」を守るのは厳しく、
発送遅延として扱われることが増えてしまいます。
 
キャンセルや発送遅延が多いと、アカウント健全性が下がり、
Amazonからアカウントを停止されてしまいます。
 
そんなリスクの高い無在庫販売に関するツールを読者に勧めるって、
一体何を考えているんでしょうか・・・?
 
 
皆さんも、便利そうなツール・システム、そして、せどりコンサルにはお気をつけください。
 
 
以上、藁束ちゃんでした♪